----- MEMOりある -----

*日々雑記と舞台裏マザーグース・拍手返信ログがごたまぜ*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強が好きな貴族少年の話

真面目で熱血な少年。なーんて、THE・主人公設定なのに
どうにも納得のいかない点が多々見受けられるルーカス。
100パーセント、彼の行き過ぎてもはや馬鹿というところがいけないんでしょう。

彼が好きなのは勉強という、ちょっと説得力がないような好みなのですが、
元々勉強好きだった彼が、次代王位を継ぐため国政を学んでから
彼は完全に、国政マニアになり果てていたりします。

彼の物語の中で、ユーグの一切合財をずばずば指摘して追い返そうとしていますが、
それがなれの果ての証明。
国名やら人物名だけでその国の国政から国勢まで。主要人物の過去から現在まで。
それぐらいすぐにわかるようになっちゃってます。色んな意味で恐ろしい子。

故に、小さな小さな国であるルネの国のことも、ユーグの兄と皇国の現状も、
少しは知っていると思われます。
そこはずばずば切り込んでこない所が、彼の一応の思慮深さということで。
スポンサーサイト

花が好きな王女様の話

大人しくて花が好きでお姫様。なーんて、THE・ヒロイン設定なのに
何だか腑に落ちない点が多々見受けられるフローラ王女。
100パーセント、彼女の過激派的な言動がいけないんでしょう。

そんなフローラが一番好きな花は「カレンデュラ」
彼女の物語で、最期を共にした花がこれです。
主に咲く時期は3月~なのですが、そこは温室効果とかでね!(酷い)

花の色はオレンジ色。一年中花が絶えることがない強い花のようで
別名 冬知らず と 太陽のハーブ。
冬の長いこの国で、太陽の光というものは特別大切なものであります。
彼女にとっては、それだけの意味でこの花を好きなわけではないのでしょうが。

そんなカレンデュラの花言葉は忍ぶ恋 と 別れを悲しむ だそうです。
花が好きな彼女は、この花言葉まで知っていたのかもしれないですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。