----- MEMOりある -----

*日々雑記と舞台裏マザーグース・拍手返信ログがごたまぜ*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖精感覚の話

長い間、鳥籠都市にゴテルと共に住んでいましたが、
人間の姿になれるようになったのは最近なレルフェ。
人型時は、頭のぴっこりした毛が特徴的ですが、これは本来の姿である、
ヒバリの冠羽部分の名残であります。

人間の姿になるのには、結構魔力がいるという設定なので、
元々魔力が低かったレルフェは、なかなか人型にはなれなかったようです。
その低い魔力のおかげで、妖精でありながら、魔法と言うよりも、
こう見えても使える体術の方が得意です。

「ラプンツェル」の話の中で、彼は見た目や性格も相まって少年とか言われてますが、
彼は妖精なので、誰よりも大幅に年齢上です。少年なんて言えない年。

ちなみに、双子であるクリスとディータを見ても彼やラプンツェルは、
それに驚いたり指摘したりはしません。
顔がどんなに似ていようと、別個の人間として認識しているようです。
それが妖精感覚。
スポンサーサイト

義姉と義弟の思い出の話

場合によって兄だったり弟だったりする、経歴が無駄に複雑なクリス。
年齢的には、ラプンツェルより上ですが、弟なんですね。

ラプンツェルがまだ城にいた幼少期に、彼は養子になったのですが、
義母があまり彼女には関わらせないようにしていた模様。
そんな中、ラプンツェルは弟と相当遊びたかったようで、何度かこっそり遊んでいて、
それらが姉弟としての唯一まともな思い出になっています。

「ラプンツェル」のお話の中で語られる「ピクニックの思い出」も、その中の一つ。
ラプンツェルがよく歌っている変な歌の中でも、お気に入りの変な歌
「まるまるまるまる まるまるたまご はなはなはなはな はなばたけ」は、
この時の思い出の歌ですが、実は姉弟合作の歌。
はなはな~部分は、その時クリスが作ってます。
まるまる~部分だけを歌っていたラプンツェルの、続きを作ってあげたようです。

小さい頃は、ちゃんと弟としての可愛げがあったのに…

双子の復讐生活の話

見た目はあまり似てないですが、似てはいけない性質だけが、
似てしまっている双子の弟ディータ。

彼は都への復讐の為に、スラム側に残ったので、
兄のクリスとは違った意味でささくれた生活を送っていました。
スラムの人たちを食べさせる為、いつかの一都転覆の為、
汚い仕事を淡々とこなし、悪名を馳せる生活。
そして別にそれでいいやと思っていました。
ラプンツェルに会って以降は、素のへらへら~な性格に戻ったようですが
それ以前は生活環境も相まって、実に荒んだ性格だった模様。

そんな風に、兄弟共に鳥籠都市への復讐の為に長い間、
かなり自分を偽って生きてきました。それが彼らの鳥籠だったのでしょう。
何だかかわいそうな気もしますが、素の性格よりも偽っていた状態の方が、
マシっぽい事実からは目をそむけられない…

妖精言語の話

鳥籠都市を護る歌声を響かせるラプンツェル。
普段は変な歌ばかり歌っていますが、まともに歌っている歌の歌詞は、
妖精が使う「妖精言語」という人の言葉ではないもので紡がれています。

彼女自身が、妖精言語をぺらぺらしゃべれるわけではないのですが、
祖母が妖精だったので、その祖母から教わった歌やおまじないなどは
妖精言語であることが多いようです。
彼女の話の中で、ラプンツェルがやるおまじないも、祖母から教わったものです。
祖母が鳥の妖精だったので、ラプンツェルの魔力は彼女の声や髪に主に宿っていて、
それを使ったおまじないを多々教わっていた模様。
作中で彼女が使っているおまじないも、祖母に教わったものです。

ちなみに、その時唱えている妖精言語は
「いたいの いたいの とんでいけ」と言っています。
訳すと結構まぬけですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。