----- MEMOりある -----

*日々雑記と舞台裏マザーグース・拍手返信ログがごたまぜ*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイパーアングルポーズ集であそぼう。

誕生日にダダこねて頂いた「ハイパーアングルポーズ集」を見ながら
暇を見つけてはがしがし描いたりする日々。
これを見ていると女の子が描きたくて描きたくてたまらなくなるあれいつも通りだ。
しばらくはそれで遊んだ結果が日記絵になりそうです。

d110130-2.jpg

足や胸を出した絵を描きたくなるので、生贄は必然的に雪の女王になる事が多い。
何が描きたかったかは省いている布がどこかですぐわかる・・・
こういうアングルは何だかとっても少年漫画っぽいですね。

男の子にも流用できるかなーという実験も時々。
このポーズ集の男性verもきちんと出ているんですけど
まぁ・・・まぁそれは置いといて!(ニコッ)
d110130-3.jpg

お行儀が悪いですよ!>侍女
でも全く聞いていない聞こえていない状態。


話は変わってオフ事!
数日前に友達のミツルさんの職場の棚卸しにお呼ばれしてきました。
職場の方に「もう完全にホームだね^^」と言われる程
棚卸しの固定選抜メンバーである。
そして「そうなんですよー、うちでも完全に我が家かってスタイルでいるんですよ!」と
相槌を打つミツルさんに「それはちょっと意味が悪い方に違くなるだろ!!」と思う。

戦国BASARA3もプレイさせてもらってきました。
念願の鶴姫ちゃん!やっと会えたね俺の鶴姫ちゃんマジ巫女!!
外見も性格も本当に可愛かったです。
階段をダッシュで登ると、とてもいい具合にちょっと見えるので(なにが)
カメラアングルを極限まで下に下げて「白!!」とかやっていた時の、ミツルさんの顔。

しかし私が一番すっ転んだのは、
家康でも三成でも政宗でも幸村でもなく
南部晴政だったという怪奇。
私にとっての宵闇の羽根の方は間違いなく南部晴政。

南部さん本当にナイスシニア声も口調も服装も素敵過ぎ。
ステージも恐山な所が余計滾りました。
「ここちょっと怖いんだよ・・・」というミツルさんの横で
背景の血の池地獄や積み石やかざぐるまにアングル合わせてうっとり。

ストーリーモードで選べるパートナー武将に南部さんばかり選抜して、
自分は戦わずに遠くから南部さんの戦っている姿を見ていた
私の本気さときたらもうね。
避ける仕草が特にかっけーです。バク転しながら避けるんだぜ。
多分忍者ではないと思うんだけど、どの忍者キャラよりも一番忍者でした。服装も武器も(笑)

そう言えば南部さんは「三日月の 丸くなるまで 南部領」の
南部さんだと今更知ってびっくりしました。なるほどねー!
うちの父も青森出身なので、今度から旧南部藩出身と思おうかなごくり・・・(^o^)

ゲームばかりやってないでお外で遊びなさい!ということで
外でご飯を食べたりもしてきたんですけど
そこで話していた事ももれなく二次元の話という。
ミツルさんの創作っ子たちの名前の話をしてきました。
自分のでも人様のでも、名前を考えるのは楽しいです。
ミツルさんのサイトでお披露目になる日がとても楽しみ楽しみ。

そしてその名前会議で使ったメモ用紙を、危うくお店に置き去りにしてしまう所でした。
ミステリーサークルより奇怪なものを残してしまう所だったあぶねーあぶねー!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。